工法・商品 /機能性舗装なじみ(半たわみ性舗装)

耐流動性、耐荷重、視認性 商品コード/SSP-106
●アスファルト舗装の隙間にセメントミルクを注入
特徴
金亀建設株式会社
本社駐車場


松山南環状線朝生田


竹原2丁目
ブリヂストンタイヤ館前
セメントコンクリート舗装とアスファルト舗装の中間的な性質を持つため、半たわみ性舗装と呼ばれています。アスファルト舗装の弱点である流動性や劣耐油性を改善するもので、耐載荷性に優れています。セメントミルクを着色する事により、カラー舗装も簡単に行う事ができます。
工法
空隙の多いアスファルト混合物(開粒度アスコン)を施工した後、その空隙中に特殊樹脂を添加したセメントミルクを注入する工法です。浸透用セメントミルクには、普通タイプ、早強タイプ及び超速硬タイプがあり、交通解放までの養生時間が変わってきます。
用途
  • 交差点流入部
  • 一般車道
  • バスレーン
  • 重量物ヤード
  • 駐輪場
バリエーション
多彩な色の表現が可能です。
  • カラー骨材の使用
  • セメントミルクの着色
  • ブラスト仕上げ
施工開始までのフローチャート
工法(施工方法)のフローチャート
使用材料の特性・カラーアスファルト混合物の物性
  • アスファルトのたわみ性とセメントの剛性の両方の長所をかね添えています。
  • 耐流動性、劣耐油性を改善し耐載荷性に優れています。
交通解放までの養生時間
  
▲このページの先頭へ