工法・商品 /リサイクル舗装ガラス樹脂舗装(リサイクルガラス透水性舗装)

リサイクル・視認性向上 商品コード/SSP-303
 
特徴
施工写真(衣山郵便局)


施工写真(衣山郵便局)


施工写真(衣山郵便局)
廃ガラスを特殊加工し、液だれをおこさない新開発の繊維化樹脂を混合した樹脂舗装です。100%骨材にガラスカレットを用いることで太陽光・夜間の車のヘッドライト等により光り、視認性も向上します。また透水機能にもすぐれ、カラーガラスを使用することにより、景観性にも対応できます。
リサイクル製品
一般家庭から排出されたガラスびんを愛媛一般廃棄物協同組合(大洲工場)で乾式ガラスリサイクル破砕装置を用いて製品化された破砕ビーズを使用します。ガラスカレット特有である鋭利な角を特殊加工により取り除き、安全な製品として再利用されています。
工法
現地にて主剤と硬化剤の2液性繊維化樹脂バインダーとガラスカレットを混合し、敷均します。仕上げはコテや電熱ローラー等を使用します。
用途
  • 歩道
  • 園路
  • 築物外構
バリエーション
  • 白色
  • 茶色
  • 混色(グリーン系)
施工開始までのフローチャート
工法(施工方法)のフローチャート
使用材料の特性・カラーアスファルト混合物の物性
  • 廃ガラスをクラッシングし、整粒した骨材に樹脂系のバインダーを現地で混合敷き均したものです。
  • リサイクルガラスの使用により、環境への負荷を減らし資源の有効活用が図れます。
  • 色ガラスの選別・組み合わせにより多様なデザインの表現が可能です。又透水機能にも優れています。
  • 施工後1日程度の養生が必要です。
使用材料・使用量
▲このページの先頭へ